« 大蛇ロックス2007 | トップページ | やっと »

2007.07.28

アースシェイカー in 大牟田

昨日は大牟田で行われた大蛇ロックス2007に行ってきました。

今回の目的はメインアクトのアースシェイカーです。

3月のライブで7月のマーシーの故郷大牟田でライブをやる事は告知されていたのでかなり早くから行く予定を立てていました。

そんな訳で仕事の都合をなんとかつけて午後から休みを取って行って来ました。

13時に北九州市を出発して国道200号を南下して大牟田を目指したのですが冷水峠手前で事故渋滞。

時間もなかったので引き返して別ルートで大牟田を目指す事に。

結局途中高速を利用して開演時間5分前に会場に到着。

今回はイベント形式でシェイカーを含めて3バンド出演するそうで開演時間が16:30とかなり早め。

まずは地元のバンドが前座として出演しその後2バンドと太鼓の演奏が行われて19:30頃からアースシェイカーのライブが始まりました。

1曲目は「アースシェイカー」

いきなり会場のテンションは上がりまくりです。

続いて「記憶の中」「流れた赤い血はなぜ」と続きMCへ。

今回のセットリストはイベントに関係者のリクエストに応えたそうですが出て来た曲が4枚目のアルバムで終わっているとマーシーが嘆いていました。

その後「ざわめく時へと」を演奏しニューアルバムAIMから「The Same」「TO-BI-RA」と続きました。

やはりAIMの曲もいいなぁ

その後「I Feel All Sadness」「FUGITIVE」と続きドラムソロへ。

クドー以外のメンバーが一旦下がりドラムソロ終了間近で再び登場して今度はカイの兄弟が来ているというMCから「Whisky And Woman」「Take My Hert」とこれまた更にテンションの上がるようなナンバーを披露。

つづいてMCでマーシーがシェイカーの曲に出てくる「君」とか「お前」が誰の事を言っているのかネタばらしをしてから「ありがとう君に」に突入。

「強く咲け」へと続いてMCになりマーシーが「最後まで飛ばして行くぜ!」と叫んでから「Come On」「Wall」「Redio Magic」「MORE」と最高に盛り上がるナンバーばかりを演奏して本編終了。

メンバーが退いてからすぐにアンコールが掛かりメンバーもすぐに登場して「誇りであるために」「走り抜けた夜の数だけ」を演奏しまたメンバーが退いて行きました。

その後再びアンコールがなり最後に盛り上がって下さいと「TOKYO」を演奏してライブ終了。

いつもながらアースシェイカーンのライブは最高です。

21:30に全てのプログラムが終了したので大牟田から一路帰宅しました。

家に帰り着いたら1時近くになっててかなり疲れましたが最高の一日でした。

|

« 大蛇ロックス2007 | トップページ | やっと »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アースシェイカー in 大牟田:

« 大蛇ロックス2007 | トップページ | やっと »